2015年04月25日

戦勝パレードの練習画像だけで・・・

皆様こんにちはぁ~、新型ですよ ! 、新型 !! 。
ちと興奮気味のイワノフであります。

ご覧になられた方もたくさん居られると思いますが今年の 5 月 9 日の戦勝パレードの
練習動画を見てもう気持ちが昂ぶるのを抑えられませんよ。


↓ 5 月 9 日の戦勝パレードの練習動画








今年の戦勝パレードは期待がもてますよ~、って毎回楽しみなんですがねw 。

車両も新型が参加しますし、戦車好きにはたまりません。


各国が主力戦車の開発に二の足を踏むこのご時世にロシアの新型戦車登場とはっ !! 。

ホント眼福です。


今年の 5 月 9 日の戦勝パレードに参加する車両群を少し見ていきましょう。 ^^


↓ объект 148 танк Т-14  ①


↓ объект 148 танк Т-14  ②


↓ объект 148 танк Т-14  ③



объект 148 танк Т-14 の戦勝パレード練習動画も。


↓ объект 148 танк Т-14 の戦勝パレード練習動画





主力戦車以外も魅力満載ですよ~。


↓ объект 149 Тяжелая боевая машина пехоты Т-15 ①


↓ объект 149 Тяжелая боевая машина пехоты Т-15 ②




↓ объект 695 Боевая машина пехоты Курганец-25 ①


↓ объект 695 Боевая машина пехоты Курганец-25 ②




↓ ВПК-7829 ①



車体を被っている布を少し取り払った ВПК-7829 のお姿も。


↓ ВПК-7829 ②




↓ 152mm САУ 2С35 Коалиция-СВ ①


↓ 152mm САУ 2С35 Коалиция-СВ ②




↓ БМД-4М ①




↓ БТР-МДМ ①




↓ ВПК-233116 Тигр-М ①


↓ ВПК-233116 Тигр-М ②




↓ Тайфун-У ①


↓ Тайфун-У ②




今年も車両にはゲオルギーリボンのマーキングは健在ですな。

主力戦車もなにか西側のような砲塔デザインになって・・・、早く被っている布を取れっっ !! って感じです。

お披露目が楽しみですね。


さ~て、今回は戦勝パレードの練習動画を見てその興奮から勢いで書いてます。

内容的にはなんにもありません、ご容赦ください。


皆様もうわかっているよってこと多々ですので心苦しいのですが・・・、私自身が高揚してしまって書かずには
いられなかったのでございます。

お付き合いありがとうございました。


それでは今日はこれで終わります。
閲覧ありがとうございました。  

Posted by イワノフ at 15:59Comments(0)ロシアフォト

2015年04月21日

親ロシア派義勇軍ワッペン

こんにちは、品物が届いてホッとしているイワノフです。

今回は届いた親ロシア派義勇軍のワッペンを紹介したいと思います。


まずは届いたウクライナ東部での内戦における親ロシア派義勇軍のワッペンをご覧ください。


↓ 親ロシア派義勇軍のワッペン 7 種類



今回購入したのは親ロシア派義勇軍のワッペン 7 種類。

入手したワッペンは裏面がベルクロ仕様にはなっていないので自分でベルクロ仕様に
する予定です。

迷彩服にワッペンを気分で付け替えしたいので。  ^^

アイロン接着タイプは付け替えが面倒なのが難点ですな。


それでは各ワッペンを見ていきましょう。


↓ 親ロシア派義勇軍 " ВОСТОК " 大隊ワッペン


↓ 親ロシア派義勇軍 " русская Православная армия "  ロシア正教会軍ワッペン


↓ " Донецкая Народная Республика " ドネツク人民共和国ワッペン


↓ 親ロシア派義勇軍 " Кальмиус " 大隊ワッペン


↓ 親ロシア派義勇軍 " Сомали " 大隊ワッペン


↓ 親ロシア派義勇軍 " ПРИЗРАК " 旅団ワッペン ( 緑 )


↓ 親ロシア派義勇軍 " ПРИЗРАК " 旅団ワッペン ( 赤 )



以上の 7 種類を購入致しました。


これで自作の親ロシア派義勇軍ワッペンと合わせれば結構揃ってきたなと。  ^^


↓ 自作した親ロシア派義勇軍ワッペンと購入した親ロシア派義勇軍ワッペンを合わせて撮影



全部で 10 種類の親ロシア派関係のワッペンコレクションとなりました。

たが、まだ欲しい親ロシア派関係のワッペがあります。

ドネツク人民共和国の内務省関係のワッペンとかルガンスク方面での親ロシア派義勇軍のワッペンも
まだまだ足りません。

ただ今それらのワッペン入手に向けて画策中であります。


そして今回、ワッペンと合わせてノヴォロシア旗も買ってみましたよ~。


↓ 購入した " НОВОРОССИЯ " ノヴォロシア旗



部屋に飾っていると気分が高揚してきますよ。


↓ ノヴォロシア旗と親ロシア派義勇軍ワッペン



もうねこの画像を撮っているときも自分の脳内ではノヴォロシアの歌が流れていますよ。
際限なく・・・。


皆様もバックグラウンドミュージックにいかがでしょうか ?





親ロシア派義勇軍ワッペンはこれからも集めていきたいですね~。

次に一番欲しいのはルガンスク方面の親ロシア派義勇軍のワッペンです。

ルガンスク方面の " ПРИЗРАК " 旅団ワッペンは入手できましたが " Всевеликое Войско Донское " 部隊の部隊章ワッペン
が欲しいところです。

" Всевеликое Войско Донское " ( グレートドン軍 ) 、こちらの親ロシア派義勇軍部隊の部隊章ワッペン・・・・、売ってるの見かけないんだよなぁ~・・・。


↓ " Всевеликое Войско Донское " 部隊の部隊章を付けた親ロシア派義勇軍兵士


↓ " Всевеликое Войско Донское " 部隊の部隊章を付けた親ロシア派義勇軍兵士達




" Всевеликое Войско Донское " 、名前や部隊章の色。動画などを見るとこの部隊にはドンコサックの人たちが多数
参加しているようです。

部隊章も V 字型にドンコサックの三色旗の色である青、黄、赤色が配色されています。


↓ ドンコサックの三色旗


↓ " Всевеликое Войско Донское " 部隊の旗




この " Всевеликое Войско Донское " 部隊を率いるのは Николай Козицын 氏。


↓ " Всевеликое Войско Донское " 部隊ドンバス方面司令官 Николай Козицын 氏。 ①  


↓ " Всевеликое Войско Донское " 部隊ドンバス方面司令官 Николай Козицын 氏。 ②


↓ " Всевеликое Войско Донское " 部隊ドンバス方面司令官 Николай Козицын 氏。 ③



Николай Козицын 氏の取材動画も。









外見を拝見した感じだと気のよさそうなおじさんに見えます。 ^^


↓ ルガンスクの御三方



左からルガンスク人民共和国首相 Игорь Плотницкий 氏。
中央は親ロシア派義勇軍 " ПРИЗРАК " 旅団司令官 Алексей Мозговой 氏。
右が親ロシア派義勇軍 " Всевеликое Войско Донское " 部隊ドンバス方面司令官 Николай Козицын 氏。


おっと、そうそう親ロシア派義勇軍 " Всевеликое Войско Донское " 部隊といえばこの人も忘れてはいけません。

親ロシア派義勇軍 " Всевеликое Войско Донское " 部隊の第一連隊の隊長、 Павлом Дремовым 氏です。


↓ " Всевеликое Войско Донское " 部隊、第一連隊長、 Павлом Дремовым 氏 ①


↓ " Всевеликое Войско Донское " 部隊、第一連隊長、 Павлом Дремовым 氏 ②


↓ " Всевеликое Войско Донское " 部隊、第一連隊長、 Павлом Дремовым 氏 ③



凛々しい表情の多い御方ですね。


あとは昨年、 2014 年の 9 月初めに行われた " Всевеликое Войско Донское " 部隊の軍事セレモニーの様子を映した
画像を。


↓ " Всевеликое Войско Донское " 部隊の式典の様子 ①


↓ " Всевеликое Войско Донское " 部隊の式典の様子 ②


↓ " Всевеликое Войско Донское " 部隊の式典の様子 ③


↓ " Всевеликое Войско Донское " 部隊の式典の様子 ④


↓ " Всевеликое Войско Донское " 部隊の式典の様子 ⑤



機甲戦力も良い兵器が有るようですね。

この式典の動画も良い編集で私は結構気に入ってます。


↓ " Всевеликое Войско Донское " 部隊の式典動画







ん~、良い動画ですなぁ~。

やはり私は親ロシア派ですw 。



さて、ここから話題変更。


さ~、全国のロシアファンの皆様いよいよ 5 月 9 日の戦勝記念日が近づいてきましたよ~。

今年はロシア連邦軍の新型戦車等の話題で盛り上がってますよ。

もう私も戦勝記念日のパレードが待ち遠しくて仕方ありません。


戦勝パレードの練習風景を映した動画を見るだけでテンションあがりまくりです。


↓ 戦勝パレードの練習風景を映した編集動画




こんなの見たらテンションあがるはぁ~ !!!


ロシア各地でも 5 月 9 日の戦勝記念日の準備が進んでいるようですね。

ロシアのエカテリンブルグ ( Екатеринбург ) で撮られたロシア連邦軍の車列も興奮いたします。


↓ エカテリンブルグ ( Екатеринбург ) で撮られたロシア連邦軍の車列動画



良いな~、くぅぅぅぅぅ早く戦勝パレード見たいぜい。


↓ 昨年 2014 年の戦勝パレードの動画もどぞ



↓ こちらは昨年 2014 年の戦勝パレードの編集動画



戦勝パレードに参加した車両にゲオルギーリボンのマーキングがされているのが目を引きますね。

そう、私も 5 月 9 日の戦勝記念日用と親ロシア派装備に付ける用の二つの用途の為にゲオルギーリボンを
追加で購入致しました。

今まで持ってたゲオルギーリボンと合わせて結構な量になりましたw 。


↓ 追加購入したゲオルギーリボン



幅広タイプを今回初購入しました。

5 月 9 日の戦勝記念日にはゲオルギーリボンを付けて一日過ごそうかなと思っております。



それでは今日はこれで終わります。
閲覧ありがとうございました。  

Posted by イワノフ at 11:27Comments(0)装備

2015年04月12日

親ロシア派回想

こんにちは、ロシアからの荷物が早く届いて欲しいと願うイワノフです。

ウクライナ東部の親ロシア派関係の品物を買ったので今から期待大ですよ。 ^^

予定ではもうそろそろ届くのですが・・・・。


さて、今日はまだ荷物も届いていないので画像でも貼っていこうかと思います。

ウクライナ東部の情勢も一応落ち着いているようなのでここで私なりに今までの
親ロシア派義勇軍の戦いを回想していこうかと思います。


ま~政治情勢的なことは抜きにして軍事的に私が興味を惹かれた事柄が中心です。


最初は 2014 年の 5 月、この月の初めに親ロシア派が支配するドネツクに親ロシア派
義勇軍 " ВОСТОК " 大隊が到着します。


↓ ドネツクに入った " ВОСТОК " 大隊の動画




市民の歓迎ぶりが印象に残ります。

" ВОСТОК " 大隊のトラックにはオセチアやチェチェン、ロシアの国旗等が掲げられています。

この " ВОСТОК " 大隊は装備的にも 9K38 イグラや 9K310 イグラ-1 等の携帯SAM を持っています。


↓ 携帯SAM を担ぐ " ВОСТОК " 大隊兵士



そしてこの 5 月の末にはウクライナ軍との本格的な戦闘がドネツク空港で起こります。

このドネツク空港での戦いでの親ロシア派義勇軍の画像を下記に。


↓ 2014 年 5 月末のドネツク空港での親ロシア派義勇軍の戦闘画像 ①


↓ 2014 年 5 月末のドネツク空港での親ロシア派義勇軍の戦闘画像 ②


↓ 2014 年 5 月末のドネツク空港での親ロシア派義勇軍の戦闘画像 ③


↓ 2014 年 5 月末のドネツク空港での親ロシア派義勇軍の戦闘画像 ④


↓ 2014 年 5 月末のドネツク空港での親ロシア派義勇軍の戦闘画像 ⑤


↓ 2014 年 5 月末のドネツク空港での親ロシア派義勇軍の戦闘画像 ⑥


↓ 2014 年 5 月末のドネツク空港での親ロシア派義勇軍の戦闘画像 ⑦


↓ 2014 年 5 月末のドネツク空港での親ロシア派義勇軍の戦闘画像 ⑧


↓ 2014 年 5 月末のドネツク空港での親ロシア派義勇軍の戦闘画像 ⑨


↓ 2014 年 5 月末のドネツク空港での親ロシア派義勇軍の戦闘画像 ⑩


↓ 2014 年 5 月末のドネツク空港での親ロシア派義勇軍の戦闘画像 ⑪




この戦闘でウクライナ軍はドネツク空港を掌握、親ロシア派は空港周辺に陣地を構築し
ドネツク空港奪還の為の体制を整えようとします。


↓ ドネツク空港周辺の親ロシア派義勇軍陣地 ①


↓ ドネツク空港周辺の親ロシア派義勇軍陣地 ②


↓ ドネツク空港周辺の親ロシア派義勇軍陣地 ③




しかし、 6 月~ 7 月にかけてのウクライナ軍の攻勢に親ロシア派は戦線を維持できず
撤退を余儀なくされます。

親ロシア派はクラマトルスク ( Краматорск ) 、スラビャンスク ( Славянск ) から撤退。

ま~このころの親ロシア派はウクライナ正規軍に対して戦力的に劣っていましたね~、特に機甲戦力が。

親ロシア派が博物館や展示してあった第二次世界大戦時の戦車を引っ張り出したと云う記事が
出たのもこの頃です。


↓ 野外展示の T-34 戦車を動かそうとする親ロシア派兵士


↓ 親ロシア派が引っ張り出した T-34 戦車


↓ 親ロシア派が引っ張り出した JS-3 戦車




余談ながらこの親ロシア派が引っ張り出した JS-3 戦車は後にウクライナ側の手に渡り戦線から
戻されています。


↓ ウクライナ側に接収された親ロシア派が引っ張り出した JS-3 戦車




2014 年 7 月~ 8 月初旬に入り親ロシア派の劣勢は挽回しようも無くウクライナ軍にかなり攻め込まれます。

その親ロシア派の劣勢ぶりを示す戦況図を。


↓ 親ロシア派が最もウクライナ軍に攻め込まれていた頃の戦況図




ドネツク、ルガンスク間は分断され親ロシア派の敗北は濃厚・・・・。

ただ劣勢とはいえ親ロシア派はウクライナ軍に対し果敢に防衛戦を展開しています。


↓ 劣勢期の親ロシア派義勇軍の動画




結構、親ロシア派義勇軍兵士の表情は明るいですね。


それでも士気の低下を気にしてか親ロシア派は 8 月に入り味方の士気を上げるのと市民に対して戦果を強調する為にある行動に出ます。

一つは撃破したウクライナ軍の車両の残骸をドネツク市民に公開する。

もう一つは捕虜にしたウクライナ軍兵士をドネツク市街で行進させる。

この二つの行動を実際に行いました。


↓ ドネツク市民に対して公開展示されるウクライナ軍車両の残骸


↓ 捕虜にしたウクライナ軍兵士をドネツク市街で行進させる親ロシア派義勇軍兵士 ①


↓ 捕虜にしたウクライナ軍兵士をドネツク市街で行進させる親ロシア派義勇軍兵士 ②




以前のブログ記事にも書きましたが・・・捕虜の行進は悪手ですなぁ・・・。


もはや親ロシア派の敗北は濃厚で私も正直これはもうダメだろうと思いました。

しかしここから親ロシア派が一転して攻勢に出ます。

8 月も日がすすむにつれてなぜか親ロシア派の物とされる戦車、装甲車、自走砲等が結構な数、確認されます。

6 月以降でも親ロシア派の T-64 戦車が街中を走る動画や親ロシア派の BRDM-2 、 BTR-80 、 BMP-2 等は見られましたが
あきらかに 8 月に入ってから親ロシア派の機甲戦力が上がった感じです。


↓ 親ロシア派の T-64 戦車 ①


↓ 親ロシア派の T-64 戦車 ②


↓ 親ロシア派の T-64 戦車 ③


↓ 親ロシア派の T-72 戦車


↓ 親ロシア派の T-72 БА 戦車




これらの親ロシア派の戦車には特徴的なマークが描かれている車両があります。

白地にドクロマークが印象的です。


↓ 親ロシア派の戦車に描かれているマーク


↓ 親ロシア派の戦車に描かれているマーク ②



ドクロマークの上下に " Оплот Спецназ " と書かれています。


戦車の他にも確認された親ロシア派の車両群を。


↓ 親ロシア派の BMP-2


↓ 親ロシア派の BTR-82A


↓ 親ロシア派の 9К35 Стрела-10




ホント何処からこれだけ・・・と言いたい・・、ま~ロシアが関与しているのでしょうけど・・・。


あと確認された親ロシア派の戦車で一番の話題は T-72 Б3 でしょう。


↓ 撃破された T-72Б3  



↓ こちらのT-72 戦車の画像も




この画像は親ロシア派曰くウクライナ軍から鹵獲した " T-72 M " なる戦車だそうで・・・・。

ん~・・・、自分には T-72Б3 にウクライナ軍がよく車両にしている識別用の白線塗っただけの
ように見えるのですが・・・。

これを親ロシア派の偽装工作と見るか本当にウクライナ軍からの鹵獲と見るか、どう思いますか ? 。


↓ ウクライナ軍から鹵獲したとされる " T-72 M " なる戦車を視察するドネツク人民共和国のコノノフ国防相 ①


↓ ウクライナ軍から鹵獲したとされる " T-72 M " なる戦車を視察するドネツク人民共和国のコノノフ国防相 ②



↓ この " T-72 M " なる戦車を視察するドネツク人民共和国のコノノフ国防相 の動画



ん~、T-72 Б3 に見えて仕方がないのですが。


さて、2014 年 8 月後半には親ロシア派はこれらの兵器を使用してウクライナ軍に対して攻勢に出ます。

その勢いは凄まじく瞬く間にウクライナ軍を各所で包囲、殲滅していきます。


↓ 親ロシア派の 2014 年 8 月の夏期攻勢時の戦況図の一部



ウクライナ軍が各所で親ロシア派義勇軍に包囲されているのが分かります。

戦況図を見るとドネツク市の東方、イロバイスク ( Иловайск ) でもウクライナ軍が包囲されています。

このイロバイスクでの包囲戦のニュースは結構話題になりましたね~。


さらに親ロシア派の攻勢は止まりません。

この親ロシア派の 2014 年 8 月の夏期攻勢で私が一番印象に残った Саур-Могила の攻略戦へと
続きます。


↓ 内戦前の Саур-Могила



この Саур-Могила を親ロシア派が奪還しドネツク人民共和国の旗を掲げた映像がもう大好きです。


↓ Саур-Могила に翻るドネツク人民共和国の旗


↓ Саур-Могила に翻るドネツク人民共和国の旗 ②




↓ 戦闘後の取材動画も



ここは景観といい印象深いです。

このСаур-Могила の攻略戦は親ロシア派義勇軍がウクライナ軍から Саур-Могила を奪還して終ります。



↓ ここで全体の戦況図を




戦況はルガンスク方面でも親ロシア派が攻勢に転じ、ルガンスク市がウクライナ軍の包囲から脱しています。

ここから親ロシア派義勇軍の 2014 年 8 月の夏期攻勢での画像を見ていきましょう。


↓ 2014 年 8 月の夏期攻勢での親ロシア派義勇軍 ①


↓ 2014 年 8 月の夏期攻勢での親ロシア派義勇軍 ②


↓ 2014 年 8 月の夏期攻勢での親ロシア派義勇軍 ③


↓ 2014 年 8 月の夏期攻勢での親ロシア派義勇軍 ④


↓ 2014 年 8 月の夏期攻勢での親ロシア派義勇軍 ⑤


↓ 2014 年 8 月の夏期攻勢での親ロシア派義勇軍 ⑥


↓ 2014 年 8 月の夏期攻勢での親ロシア派義勇軍 ⑦


↓ 2014 年 8 月の夏期攻勢での親ロシア派義勇軍 ⑧



2014 年 8 月の夏期攻勢での親ロシア派義勇軍の戦闘動画も。












↓ 親ロシア派の 2014 年 8 月の夏期攻勢時の戦況図の一部 Part 2




ウクライナ軍は親ロシア派義勇軍の攻勢に対して完全に敗走状態。

ただ包囲されたウクライナ軍に対し撤退のための退却路を設けるようロシアのプーチン大統領が親ロシア派義勇軍側に
申し入れを行い親ロシア派のドネツク人民共和国、ザハルチェンコ首相が受け入れを表明する場面もありました。

ただこの包囲されたウクライナ軍の為の撤退路、所謂 " 人道回廊 " の設置にザハルチェンコ首相が無条件で応じた
訳ではなく " 包囲されたウクライナ軍部隊の重火器や兵器、弾薬の放棄 " が条件でした。


一連の戦闘を経て親ロシア派の支配地域は劇的に回復しドネツク州南部ではアゾフ海沿岸部にまで支配地域を
伸ばし、ドネツク州南部の港湾都市マリウポリ ( Мариуполь ) の近くまで親ロシア派義勇軍は進撃しました。



↓ アゾフ海沿岸部の親ロシア派義勇軍部隊 ①


↓ アゾフ海沿岸部の親ロシア派義勇軍部隊 ②


↓ アゾフ海沿岸部の親ロシア派義勇軍部隊 ③


↓ アゾフ海沿岸部の親ロシア派義勇軍部隊 ④



このアゾフ海沿岸部の親ロシア派義勇軍部隊 ④ の画像、塹壕の中で食事の準備中 ? の様子なのですが・・。

このレーションの箱とかに見覚えが・・・・、これってロシア軍のレーションだよなぁ~・・。



親ロシア派の支配地域拡大が落ち着きを見せ始めると今度はドネツク空港を巡る闘いが激しくなります。

この 2014 年 9 月からのドネツク空港を巡る闘いは翌年の 2015 年 1 月半ばまで続きます。


このドネツク空港を巡る闘いの親ロシア派側の主役と言えばこの二人でしょう。


↓ Гиви 氏 ( 左 ) と Моторола 氏 ( 右 )



この二人、 Гиви 氏は親ロシア派義勇軍部隊 " Сомали " 大隊の司令官。
Моторола 氏は親ロシア派義勇軍部隊 " Спарта " 大隊の司令官です。

9 月からのドネツク空港を巡る闘いではこの両大隊が親ロシア派の主力となっています。


↓ Гиви 氏 と Моторола 氏、指揮下の " Сомали " 、 " Спарта " 両大隊を取り上げた動画




ドネツク空港を巡る闘いは以前にもブログのネタにしたので少々割愛w。

空港施設の争奪戦によりドネツク空港はだんだん廃墟みたく崩壊していきます。


戦闘に参加している親ロシア派義勇軍の画像を下記に。


↓ ドネツク空港を巡る闘いに投入された " Спарта " 大隊


↓ Гиви 氏 ( 左から二人目 ) と " Сомали " 大隊兵士


↓ " Сомали " 大隊の民間車両の改造車両


↓ ドネツク空港を巡る闘いに投入される親ロシア派の T-72 戦車


↓ ドネツク空港を巡る闘いに投入される親ロシア派の T-72 戦車 ②




ドネツク空港の戦闘動画も少し。














ドネツク空港の争奪戦は年をまたぎドネツク空港は荒廃します。


↓ 戦闘により荒廃したドネツク空港 ①


↓ 戦闘により荒廃したドネツク空港 ②


↓ 戦闘により荒廃したドネツク空港 ③


↓ 戦闘により荒廃したドネツク空港 ④



ドネツク空港の管制塔は最終的には戦闘により倒壊致します。

2015 年に入ってからの戦闘で親ロシア派がドネツク空港を掌握しこの闘いはひとまず決着をみます。



↓ ドネツク空港に掲げられたノヴォロシア旗 ①


↓ ドネツク空港に掲げられたノヴォロシア旗 ②


↓ ドネツク空港に掲げられたノヴォロシア旗 ③



ドネツク空港の闘いは長期に渡ったのでこのドネツク空港に掲げられたノヴォロシア旗をみた親ロシア派の人々の
感慨やいかに・・・、と思いを馳せるイワノフです。


と、ここで私のお気に入りを一枚。

ドネツク空港の闘いが親ロシア派の勝利で決着をみ、後述するデバリツェボ ( Дебальцево ) の包囲戦も
落ち着きを見せた頃に撮られた親ロシア派義勇軍 " Сомали " 大隊の司令官の Гиви 氏の姿です。


↓ 親ロシア派義勇軍 " Сомали " 大隊の司令官 Гиви 氏



渋い、とても良い感じですよ。
なにか・・、やりとげた男の顔ですよ。


さて、ドネツク空港の闘いが終わり次に戦闘が激化したのがデバリツェボ ( Дебальцево ) 周辺の
ウクライナ軍突出部です。

親ロシア派はこの突出部を攻撃。
デバリツェボ ( Дебальцево ) を包囲する作戦にでます。


↓ デバリツェボ ( Дебальцево ) の包囲戦の概要を現した図



デバリツェボ ( Дебальцево ) の包囲戦も親ロシア派義勇軍が戦いを有利に進め最終的にはウクライナ軍がデバリツェボ
から撤退し親ロシア派がデバリツェボを制圧して終ります。


↓ デバリツェボ ( Дебальцево ) に掲げられたノヴォロシア旗



動画も




ま~、親ロシア派がデバリツェボ ( Дебальцево ) を制圧する数日前、2015 年 2 月 12 日にミンスクで停戦合意 ( ※ ) がなされておりますので
親ロシア派の 2015 年 2 月 15 日以降の攻撃は停戦違反との声は無視できません。

※ 2015 年 2 月 15 日をもって停戦することがミンスクで行われた首脳会議で決めらています。


ここからはデバリツェボ ( Дебальцево ) に入る親ロシア派義勇軍の画像を。


↓ Дебальцево に入る親ロシア派義勇軍部隊 ①


↓ Дебальцево に入る親ロシア派義勇軍部隊 ②


↓ Дебальцево に入る親ロシア派義勇軍部隊 ③


↓ Дебальцево に入る親ロシア派義勇軍部隊 ④


↓ デバリツェボの包囲戦に投入された親ロシア派義勇軍の T-72 БА 戦車




次の一枚が私的に一番心にきました。

デバリツェボでの親ロシア派義勇軍兵士の画像なのですが手前で遊んでいる幼い子供がなんとも・・・・。


↓ デバリツェボでの親ロシア派義勇軍兵士




さ~て、今回は長々と私的に親ロシア派の戦いを回想がてら画像を貼っていきましたがお付き合いいただき
ありがとうございました。

親ロシア派回想はこれで終わります。


と、最後に一枚。

余談ながらとある画像が私の目にとまりました。

ルガンスクでの親ロシア派義勇軍の兵士とのことなのですが。


↓ ルガンスクでの親ロシア派義勇軍の兵士



この兵士の装備品そのままに着ている服をデジタルフローラの迷彩服に変えたらまんまロシア連邦軍の兵士みたく
なりますよね~・・・・。

動画や画像を見ていると時々そのような想像をいだかせる親ロシア派義勇軍兵士を見かけます。

どうかな !? 、どうなのっ !? って感じですw 。



それでは今日はこれで終わります。
今回は長々と閲覧お付き合いありがとうございました。  

Posted by イワノフ at 09:32Comments(0)ロシアフォト